今週の読みどころ

新製品情報

記事一覧

セミナー・講演会等

記事一覧

団体

全自病協が“医師の働き方”で実態調査を進める

2465号 - 2017年6月 29日


 全国自治体病院協議会は定時総会終了後に記者会見を開いた。その中で邉見会長は医師の働き方に関して「医師は労働者だとはじめから決めている」と指摘し、応召義務、地域性や診療科の構成、周囲の医療機関の有無など各医療機関において文化として定着している診療スタイルや業務内容を「労働と言われると困る」と訴え、今後、会員病院を対象に実態調査を進めると説明。中島豊爾副会長は根本的な問題点として「全く別の発想で作られた労働基準法と医師法をひとつにして考えようとしている」と述べ、法律の間にある齟齬に対し整合性を取っていくのは「行政の責任」とした。根本的解決に向けて、①医師の交代制勤務ができる体制(医師数の十分な養成)②医師の地域偏在の解消―を挙げ「これらが解決しなければ実現しない」と強調した。


団体一覧へ

会員専用サイトへ

ログイン

医療関係団体ニュース

インフォメーション



身近なニュースを
お寄せください

・新製品
・セミナー
・講演会情報など

お問い合わせはこちらまで
お願いします


医療機器の医療機器ネット

常勤・非常勤医師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ドクター・ネット

看護師/准看護師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ナース・ネット

By Next Communications