今週の読みどころ

新製品情報

記事一覧

セミナー・講演会等

記事一覧

団体

全自病協の邉見会長が専門医制度の進捗報告。30年度改定の評価も

2489号 - 2017年12月 21日


 全国自治体病院協議会(邉見公雄会長)は14日、記者会見を開いた。
 日本専門医機構の理事として理事会に出席した邉見会長は、専攻医の1次登録を終えた専門医制度について、内科の専攻状況に関して「地域差がある」と述べつつ、1都1府3県はシーリングが効いているとして、内科学会に対して「非常に努力している」と評価。外科は微減、小児科・産婦人科は横ばいで、現状維持だったとした。今後の課題として、全国から4人しか登録していない診療科もあり「基本領域としてもいいのかという意見が出た」と理事会の議論内容を報告した。メディアに対して1年間は「監視的な視線で見てほしい」と要請した。さらに、気がかりな点として、今月16日の2次登録の開始にあたり、1次登録でシーリングをかけた診療科で2次登録を受け付けるのか決まっていないことなどを挙げ、「5都府県でシーリングをかけた診療科は2次登録しないなど決めた方がいい」との見解を示した。


団体一覧へ

会員専用サイトへ

ログイン

医療関係団体ニュース

インフォメーション



身近なニュースを
お寄せください

・新製品
・セミナー
・講演会情報など

お問い合わせはこちらまで
お願いします


医療機器の医療機器ネット

常勤・非常勤医師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ドクター・ネット

看護師/准看護師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ナース・ネット

By Next Communications