今週の読みどころ

新製品情報

記事一覧

セミナー・講演会等

記事一覧

団体

全自病協北陸・信越ブロック会議開く。医師の働き方改革では先に医師の偏在対策を求める

2519号 - 2018年8月 9日


病院単独での対応は困難
 全国自治体病院協議会石川県支部(支部長=岡田俊英・石川県立中央病院院長)は、7月26、27の両日、金沢市内のホテルで「平成30年度全国自治体病院協議会北陸・信越ブロック会議」を開いた。会議には、富山、新潟、長野、福井、石川の5県から、会員病院の事業管理者、院長、事務局長、看護部長など約220名が参加した。岡田支部長は自治体病院が厳しい状況に置かれている中、「各県支部より提出された議題等に関して意見交換を行うことは誠に意義深い」などとあいさつした。会議では、本部および各県支部提出議題について議論、医師の働き方改革について、「医師の偏在対策を進めるべき」「国民の理解が重要」「診療報酬の見直しが必要」などの声が挙がり、異口同音に病院単独での取り組みの難しさが訴えられた。


団体一覧へ

会員専用サイトへ

ログイン

医療関係団体ニュース

インフォメーション



身近なニュースを
お寄せください

・新製品
・セミナー
・講演会情報など

お問い合わせはこちらまで
お願いします


医療機器の医療機器ネット

常勤・非常勤医師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ドクター・ネット

看護師/准看護師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ナース・ネット

By Next Communications