今週の読みどころ

新製品情報

記事一覧

セミナー・講演会等

記事一覧

団体

全日病が会員病院に現行の重症度の評価で調査。手のかかる状態は「せん妄」が最多

2372号 - 2015年7月 16日


 全日本病院協会(西澤寛俊会長)は、今年1月から2月にかけて会員病院を対象に実施した「重症度、医療・看護必要度」に関するアンケート調査の結果をこのほどまとめた。入院医療の現場で「手のかかり具合」という観点から現行の規定をどのように評価しているかを回答してもらったもので、同協会として「手のかかる状態」と独自に考えて示した22項目(A項目)の中では「せん妄状態への対応」が86%と最も回答が多かった。


団体一覧へ

会員専用サイトへ

ログイン

医療関係団体ニュース

インフォメーション



身近なニュースを
お寄せください

・新製品
・セミナー
・講演会情報など

お問い合わせはこちらまで
お願いします


医療機器の医療機器ネット

常勤・非常勤医師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ドクター・ネット

看護師/准看護師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ナース・ネット

By Next Communications