今週の読みどころ

新製品情報

記事一覧

セミナー・講演会等

記事一覧

団体

東北大・研究班が超音波検査の併用で乳がんの発見率が1.5倍と発表

2390号 - 2015年12月 3日


 東北大学大学院医学系研究科の大内憲明教授らのグループはこのほど、40歳代女性の乳がん検診における超音波検査の有効性を検証するために行った大規模なランダム化比較試験(RCT)のデータを公表、マンモグラフィに超音波検査を加えることで早期乳がんの発見率は約1.5倍になるなどの結果が得られたと報告した。今回のランダム化比較試験(J―START)は厚生労働科学研究費補助金と日本医療研究開発機構の支援を受けて行われたもの。


団体一覧へ

会員専用サイトへ

ログイン

医療関係団体ニュース

インフォメーション



身近なニュースを
お寄せください

・新製品
・セミナー
・講演会情報など

お問い合わせはこちらまで
お願いします


医療機器の医療機器ネット

常勤・非常勤医師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ドクター・ネット

看護師/准看護師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ナース・ネット

By Next Communications