今週の読みどころ

新製品情報

記事一覧

セミナー・講演会等

記事一覧

団体

健保連が公平な制度の実現を目指し全国大会。診療報酬のマイナス改定を強く主張

2390号 - 2015年12月 3日


 「現役世代が納得できる公平な制度の実現へ」と題して健康保健組合連合会(大塚陸毅会長)は11月25日、平成27年度健康保険組合全国大会を都内で開き、高齢者医療費の負担構造改革の実現▽安定した組合運営に向けた財政支援の継続・拡充▽実効ある医療費適正化対策の実施▽保険者機能の発揮に効果的な健保組合方式の維持・発展―を決議した。決議の趣旨説明を行った白川修二副会長は次期診療報酬改定に言及し、「改定率は国民に対するメッセージ性が非常に重要であり、医療費適正化の重要性を訴える意味からもぜひともマイナス改定を断行してほしい」と訴えた。関係団体からあいさつした日本経済団体連合会の阿部泰久常務理事も「経団連ではマイナス改定を強く主張している」と述べ、医療界に対して効率的な医療提供に積極的に取り組むよう求めた。


団体一覧へ

会員専用サイトへ

ログイン

医療関係団体ニュース

インフォメーション



身近なニュースを
お寄せください

・新製品
・セミナー
・講演会情報など

お問い合わせはこちらまで
お願いします


医療機器の医療機器ネット

常勤・非常勤医師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ドクター・ネット

看護師/准看護師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ナース・ネット

By Next Communications