今週の読みどころ

新製品情報

記事一覧

セミナー・講演会等

記事一覧

団体

日本産婦人科医会が新生児の難聴検査で全国一律の公費負担実現を訴える

2409号 - 2016年4月 28日


 日本産婦人科医会(木下勝之会長)は13日に記者懇談会を開き、新生児聴覚スクリーニング検査に対する公費支援の実現を訴えた。先天的な難聴者を早期発見し早期療養につなげることが、その後の児の生活の質の改善に直結するため、昨年5月、関連18団体とともに、厚生労働省雇用均等・児童家庭局長あてに新生児聴覚スクリーニング検査に対して全国一律に公的支援を行うよう要望していた。木下会長は「検査とフォローアップを行えば修学状況に持っていけるなど、効果が出ている。国にはこうした視点で補助する姿勢が欠けている」と指摘し、検査の重要性を強調した。


団体一覧へ

会員専用サイトへ

ログイン

医療関係団体ニュース

インフォメーション



身近なニュースを
お寄せください

・新製品
・セミナー
・講演会情報など

お問い合わせはこちらまで
お願いします


医療機器の医療機器ネット

常勤・非常勤医師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ドクター・ネット

看護師/准看護師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ナース・ネット

By Next Communications