今週の読みどころ

新製品情報

記事一覧

セミナー・講演会等

記事一覧

団体

『世界がキューバ医療を手本にするわけ』著者の吉田太郎氏が日私病総会で講演

2419号 - 2016年7月 14日


 『世界がキューバ医療を手本にするわけ』(築地書館)の著者、吉田太郎・長野県農業大学校教授は、世界各国のGDPと乳幼児死亡率を示し、「医療はカネ。貧しい国の人は助からない」という傾向が見られると分析する一方、「唯一例外がある」として、キューバを挙げた。キューバ医療には、地域に根差して予防医療に注力する「ファミリー・ドクター」制度や経済危機時代に取り入れた東洋医学などの代替医療、患者の医師への熱い尊敬と両者の温かい関係があるほか、ポジティブな発想で助け合う、いい意味で“脳天気”なラテンアメリカの地域性も医療に影響を与えているのではないかと見る。日本私立病院協会が6月28日に都内で開いた総会で吉田氏が「脱経済成長時代の人を見捨てない幸せ医療のあり方―経済零細国キューバの取組み」と題して講演した概要を紹介する。


団体一覧へ

会員専用サイトへ

ログイン

医療関係団体ニュース

インフォメーション



身近なニュースを
お寄せください

・新製品
・セミナー
・講演会情報など

お問い合わせはこちらまで
お願いします


医療機器の医療機器ネット

常勤・非常勤医師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ドクター・ネット

看護師/准看護師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ナース・ネット

By Next Communications