今週の読みどころ

新製品情報

記事一覧

セミナー・講演会等

記事一覧

団体

産婦人科勤務医の勤務時間は変化なく、就労環境の改善見られず。日本産婦人科医会調べ

2444号 - 2017年1月 26日


 日本産婦人科医会(木下勝之会長)は11日、会見を開き、「産婦人科勤務医の待遇改善と女性医師の就労状況に関するアンケート調査報告」を公表した。
 開始以来10回目の調査となるが、勤務時間や当直回数に大きな変化は見られず就労環境の改善には至っていない現状が明らかとなった。報告書では、妊娠・育児中の女性医師であっても勤務を工夫し当直を担当するなどの「姿勢が大切」とし、また、非常勤勤務の女性医師に対し「常勤勤務」復帰を期待するとまとめている。調査結果をうけ、木下会長は「行政が踏み込んだ対応を進めない限り、産婦人科医不足は解決できない」と訴えた。


団体一覧へ

会員専用サイトへ

ログイン

医療関係団体ニュース

インフォメーション



身近なニュースを
お寄せください

・新製品
・セミナー
・講演会情報など

お問い合わせはこちらまで
お願いします


医療機器の医療機器ネット

常勤・非常勤医師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ドクター・ネット

看護師/准看護師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ナース・ネット

By Next Communications