今週の読みどころ

新製品情報

記事一覧

セミナー・講演会等

記事一覧

団体

日医と米穀安定供給確保支援機構が「食育健康サミット2018」を開き、日本型食生活を考える

2537号 - 2018年12月 20日


 日本医師会(横倉義武会長)と米穀安定供給確保支援機構(福田晋理事長)は11月15日、「食育健康サミット2018~健康長寿を迎えるための青・壮年期の健康管理と日本型食生活」を日本医師会館大講堂で開催、講演とパネルディスカッションが行われた。サミットに先立ち、横倉会長は「日本医師会はかかりつけ医の役割を重視して、運動習慣の定着や食事のアドバイスなどの面でも役割を果たせるよう、2年前からかかりつけ医研修をスタートさせた。今日はかかりつけ医や栄養士の方々、また一般の参加者の皆様とご飯を主食とした日本型食生活の役割を考えたい」と挨拶した。続いて挨拶に立った福田理事長は、明治時代の書物ですでに「食育」という言葉が使われていた実例を紹介、「100年以上前にすでに重要性が分かっていた」として、「食育が健康長寿を支えるという信念を持って活動に力を入れていきたい」と述べた。


団体一覧へ

会員専用サイトへ

ログイン

医療関係団体ニュース

インフォメーション



身近なニュースを
お寄せください

・新製品
・セミナー
・講演会情報など

お問い合わせはこちらまで
お願いします


医療機器の医療機器ネット

常勤・非常勤医師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ドクター・ネット

看護師/准看護師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ナース・ネット

By Next Communications