今週の読みどころ

新製品情報

記事一覧

セミナー・講演会等

記事一覧

団体

四病協が医師の時間外労働上限規制で「やむを得ない」との見解示す

2550号 - 2019年4月 4日


 四病院団体協議会(幹事団体=全日本病院協会)は3月27日、総合部会後に記者会見を開き、猪口雄二・全日本病院協会会長が、医師の働き方改革検討会で示された医師の時間外労働上限規制について、総合部会で「年1860時間あたりに行き着くのはやむを得ないかなという受け止め」が大勢を占めたことを明らかにした。その上で4月以降に通知発出される予定の宿日直規定と副業規定が「非常に大きな要素」と述べた。「施行される2024年度までの5年間で、どこにも所属しないでアルバイト専門でやる人とか、いろいろな働き方が出てくるのでは」とコメント。急性期分野で働き方改革の影響は大きく、輪番制を採用している三次救急の救急救命センターなどよりも二次救急で「医師の数は余計に必要になってくる」として「救急医療は集約化の流れは避けられない」とした。診療報酬の上では、「医師の働き方改革を推し進めれば、入院基本料に跳ね返る。ドクターフィーのようなものが導入されるかもしれない」とした。


団体一覧へ

会員専用サイトへ

ログイン

医療関係団体ニュース

インフォメーション



身近なニュースを
お寄せください

・新製品
・セミナー
・講演会情報など

お問い合わせはこちらまで
お願いします


医療機器の医療機器ネット

常勤・非常勤医師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ドクター・ネット

看護師/准看護師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ナース・ネット

By Next Communications