今週の読みどころ

新製品情報

記事一覧

セミナー・講演会等

記事一覧

団体

芦屋中央病院が基本設計を公表。地域包括ケアの中核担う

2384号 - 2015年10月 22日


 新病院の移転新築計画を進めている芦屋中央病院(櫻井俊弘院長、福岡県遠賀郡芦屋町)はこのほど基本設計の概要を公表した。新病院は本体棟5階建て、エレベーター棟2階建て、延床面積は約1万2000平方メートルで建設。開院は2018年5月を予定している。病床数は現行と同様の137床(内訳は一般病床90床、療養病床32床、緩和ケア病床15床)。診療科目は小児科を廃止し、新たに皮膚科を設置する。その他の診療科は機能を維持し、現行の12科から20科に細分化を図る。リハビリテーション科には短時間通所リハビリを新設する。


団体一覧へ

会員専用サイトへ

ログイン

医療関係団体ニュース

インフォメーション



身近なニュースを
お寄せください

・新製品
・セミナー
・講演会情報など

お問い合わせはこちらまで
お願いします


医療機器の医療機器ネット

常勤・非常勤医師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ドクター・ネット

看護師/准看護師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ナース・ネット

By Next Communications