今週の読みどころ

新製品情報

記事一覧

セミナー・講演会等

記事一覧

学会

◇シーメンス・ジャパン

2362号 - 2015年5月 7日


病院新聞 ニュース

 シーメンス・ジャパン(東京都品川区)は、次の新製品等を出展した。

◎MAGNETOM Amira
「MAGNETOM Amira(マグネトム アミラ)」は最新のソフトウェアバージョンE11を搭載し、幅広い臨床用途に応えるハイエンドの1.5T MRI装置である。高い臨床価値と運用コストの低減が求められている日本の市場向けに開発された。同装置に搭載されているソフトウェアバージョンE11は、息止め不要の3D腹部撮像「FREEZEit」、静音技術「Quiet Suite」など、ハイエンド3T MRI装置と同等の高度な撮像機能を備える一方、新技術「Eco―power」により最大30%の電力消費削減を実現し、運用コストの大幅な低減を可能にする。

◎syngo.Plaza 3D+
「syngo.plaza 3D+(シンゴプラザ スリーディープラス)」は医用画像情報分野のさらなる強化のための医用画像情報管理システム(PACS)。自動解析処理技術を駆使した読影支援・画像解析システム「singo.via」のコア技術である「ALPHA Technology」や「Mメートル Reading」などの機能を搭載した3D―PACSである。従来のPACS機能に、通常の読影時に必要な2D―3D機能の全てをサーバ1台に搭載することにより、これまで3Dワークステーション端末で行っていた画像処理をPACS本体で作成することを可能にし、読影業務の効率化と3D作成業務の負担軽減を実現する。

◎TwinBeam Dual Energy
シングルソースCTで初めてルーチンデュアルエナジー検査を可能にする新技術「TwinBeam Dual Energy(ツインビーム デュアル エナジー)」を搭載した。高エネルギーと低エネルギーの2種類のエネルギーで同時にスキャンすることで、時間的・空間的に誤差のない2種類の異なるエネルギーの画像データが得られる。これら2種類のデータにより、造影剤成分のみの抽出、骨や血管、石灰化などの組織分別、および腎結石の組成解析、などの情報を画像化するデュアルエナジーイメージングが可能となり、高画質かつ低被ばくなルーチン検査を実現する。


学会一覧へ

会員専用サイトへ

ログイン

医療関係団体ニュース

インフォメーション



身近なニュースを
お寄せください

・新製品
・セミナー
・講演会情報など

お問い合わせはこちらまで
お願いします


医療機器の医療機器ネット

常勤・非常勤医師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ドクター・ネット

看護師/准看護師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ナース・ネット

By Next Communications