今週の読みどころ

新製品情報

記事一覧

セミナー・講演会等

記事一覧

学会

◇島津製作所

2362号 - 2015年5月 7日


病院新聞 ニュース

 島津製作所(京都市中京区)は、好評の乳房専用PET装置Elmammo、デジタル任意断層撮影機能・トモシンセシスおよび骨密度計測を可能にしたアプリケーションSmart BMDを搭載可能なSONIALVISION G4、新製品のトモシンセシスに対応した高機能デジタルX線一般撮影システム「RADspeed Pro EDGE package」、充実したアプリケーションにより低侵襲治療をサポートする血管撮影システム「Trinias series MiX package」などを出展した。

◎RADspeed Pro EDGE package
 RADspeed Pro EDGE package(ラドスピード プロ エッジ パッケージ)は、国内メーカーで初めてX線一般撮影システムで対応する「トモシンセシス」「デュアルエナジーサブトラクション」、進化した「長尺撮影」の各種アプリケーションにより、臨床現場における診断をサポートする、デジタルX線一般撮影システムである。
同装置は、RADspeed Proシリーズで好評を得ている高い操作性と充実した被ばく低減機能を受け継ぎつつ、1回の断層撮影で任意裁断高さの断層画像を提供する「トモシンセシス」、軟部組織画像と骨組織画像を生成する「デュアルエナジーサブトラクション」、全脊椎・全下肢をカバーする長尺画像を提供する「長尺撮影」の各種アプリケーション(いずれもオプション)を搭載することができるシステムで、富士フイルムのFPDおよびコンソールを採用するとともに、同社独自のトモシンセシス専用ワークステーション(オプション)を備えている。従来の単純撮影に加えて、これらのアプリケーションを用いることでさらなる診断能の向上に寄与する。また、一般撮影室の一連の検査の流れの中で「トモシンセシス」「デュアルエナジーサブトラクション」を行うことができるので、ワークフローが改善され、検査のスループットが向上する。さらに、患者にとっても、待ち時間や検査時間の短縮につながり、検査に伴う負担が軽減する。

◎Trinias series MiX package
「Trinias series MiX package(トリニアス シリーズ エムアイエックス パッケージ)」は、治療支援アプリケーションを充実させた血管撮影システムである。
主な特長は次のとおり。
①CT画像と連動する3Dアプリケーション(SCORE Navi+Plus)=ワークステーションに術前CT画像を取り込み、血管撮影システムのCアームとの角度連携や透視との兼ね合わせが可能になった。CT画像を直接治療画像に結びつけることで、術前の治療計画から術中ナビゲーションまでをシームレスに行える。

②デバイス検出率を向上させたPCI支援アプリケーション(SCORE StentView+Plus)=安全・正確なPCIを支援する同社独自のアプリケーション「SCORE StentView」を発展させ、心拍により常に動いているステントをリアルタイムで固定・強調表示する機能に加え、直前の透視画像などからROI(関心領域)を設定できる機能を新たに追加した。透視画像上で検出エリアを絞り込むことで、複数デバイスを使用する手技においてもデバイスの検出率が飛躍的に向上し、治療時間の短縮につながる。

③大動脈ステントクラフトに有用な自動トレースマッピング(SCORE MAP)=DSA画像を元に、血管壁輪郭のみを自動抽出するトレースマッピング機能を新たに開発。透視画像と重ねることでワイヤやデバイスの視認性を飛躍的に高めることができるので、造影濃度の均一化が特に困難な大動脈における血管内治療に役立つとともに、造影剤の低減にもつながる。また、マッピング領域の絞り込みや、術者自身でスケツチも可能なため、よりスムーズな手技をサポートする。


学会一覧へ

会員専用サイトへ

ログイン

医療関係団体ニュース

インフォメーション



身近なニュースを
お寄せください

・新製品
・セミナー
・講演会情報など

お問い合わせはこちらまで
お願いします


医療機器の医療機器ネット

常勤・非常勤医師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ドクター・ネット

看護師/准看護師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ナース・ネット

By Next Communications