今週の読みどころ

新製品情報

記事一覧

セミナー・講演会等

記事一覧

学会

◇日立製作所ヘルスケアグループ

2362号 - 2015年5月 7日


病院新聞 ニュース

 日立製作所ヘルスケアグループ(東京都千代田区)は、多様な医療情報を一括管理する統合プラットフォーム「ヘルスケアデータ統合アーカイブシステム」を参考出展、医療機器の安定稼働を実現する「予兆診断サービス」を紹介した。さらに、1.5テスラ超電導MRIシステム「ECHELON OVAL type ORIGIN 5」を実機展示するなど、放射線治療システム、粒子線治療システム、CT、MRI、X線、超音波の各エリアを設置、グループ全体でITと医療技術を駆使し、予防・健診から検査・診断、治療、予後、介護にいたるケアサイクルへ取り組む姿勢をプレゼンテーションした。

◎ヘルスケアデータ統合アーカイブシステム
 「ヘルスケアデータ統合アーカイブシステム」は、医療機関の各部門に存在する、CTやMRIなどの診断画像や電子カルテ、レポート文書などの多様な医療情報をファイル形式で一括管理する。「患者名」「検査種別」「疾患」など様々な切り口でデータ検索でき、医療情報を活用可能な情報資産として施設や部門を超えて情報共有できる。データセンタのストレージへの自動バックアップも可能。

◎予兆診断サービス
 医療機器の故障を事前に察知する「予兆診断サービス」は、装置の安定稼働に貢献するITソリューション。M2M/IoTシステムにより、同社が世界中に納入した装置に搭載したセンターからデータを収集・分析することで、部品の寿命や故障を予兆検知する。納入後も装置見守りサービスを提供し、安心で安全な稼働に貢献。同サービスは「Sentinel(センチネル)カスタマーサポート」システムの中で提供する。

◎ECHELON OVAL type ORIGIN 5
 ECHELON OVALは2012年の発売以来横幅74㎝の楕円ボアなどの高いハードウェア性能や高画質化機能により国内外で高い評価を得ているが、さらなる高画質と高機能を実現したECHELON OVAL type ORIGIN 5(エシュロンオーバルタイプオリジンファイブ)を発売、診断・治療に有用な高機能アプリケーションを搭載した。主な特長は次のとおり。
 ▽脳の微細構造情報を得る撮影機能=細胞膜や細胞内の小器官等により水分子の拡散が制限される現象を強調して計測するDKI機能を搭載▽頭部血管撮影に拡大した動きの影響低減機能=モーションアーチファクト低減撮影技術「RADAR」を頭部血管撮影にも拡大適用▽肝臓の血行状態を可視化する非造影撮影機能▽乳房の高精細撮影機能▽心臓撮影機能の充実


学会一覧へ

会員専用サイトへ

ログイン

医療関係団体ニュース

インフォメーション



身近なニュースを
お寄せください

・新製品
・セミナー
・講演会情報など

お問い合わせはこちらまで
お願いします


医療機器の医療機器ネット

常勤・非常勤医師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ドクター・ネット

看護師/准看護師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ナース・ネット

By Next Communications