今週の読みどころ

新製品情報

記事一覧

セミナー・講演会等

記事一覧

学会

《2017国際医用画像総合展》シーメンスヘルスケア…SOMATOM Drive

2455号 - 2017年4月 13日


 シーメンスヘルスケア(東京都品川区)は、新たなブランド「Siemens Healthineers」のもと、たゆまぬイノベーションと優れたエンジニアリングを通じて、ユーザーが抱える様々な課題に対し、最適なソリューションを提供することに努めている。日本をはじめ、世界中で医療は急速に変化、多くの国で医療の構造やプロセス、診療報酬は大きな変革が求められている。日本もその例外ではなく、これらの難題に対し、同社は事業を拡大し、充実させ、真に信頼されるパートナーになることを目指していく。今年も新製品のDSCT「SOMATOM Drive」をはじめ、充実した製品ポートフォリオの数々とサービスを紹介する。

◎Dual SourceCT「SOMATOM Drive」
 SOMATOM Driveは、SOMATOM ForceのDNAを継承、次世代のDSCTテクノロジーによる低侵襲かつ診断精度の高いCT検査を全ての人々に提供する。主な特長は次のとおり。

▽可能な限り低侵襲なCT検査を求めて=低管電圧の積極的な活用により、さらなる被ばく低減に加えて造影剤使用量の低減が期待できる。低管電圧撮影は被検者の体型や検査に依存するため、従来その適応には制限があったが、同装置に搭載された新たなX線管とX線検出器により、被検者の体型、検査の種別を問わず低管電圧スキャンプロトコルをルーチン検査として実施できる。さらに、Spectrum Shaping with Tin filterを用いた撮影では、X線スペクトラムを最適化させた低侵襲なCT検査も可能である。

▽多様な診療領域で妥協のないCT検査を目指して=DSCTテクノロジーによる高い時間分解能と秒間450mmを超える高速撮影を可能にしている。これにより心臓CT検査においては心拍数低下を目的としたβブロッカーの投与が必須ではなく、ワンビート撮影により息止めも必須としない。全身撮影においては、一般的なSingle SourceCTでは実現不可欠な広範囲を短時間で撮影することができる。さらにルーチンDual Energyイメージングや検出器の幅に依存しない広範囲の4Dイメージングが可能となる。

▽さらなるワークフローの最適化とプロセスの効率化を求めて=新しいコントロールパネルによる直感的なシステム制御を実現した。標準・簡略化されたプロセスと様々なアシストファンクションを新たに搭載することで、ハイレベルのルーチン検査を夜間や救急でも対応可能とし、専任外オペレーターが対応する場合などの通常と異なる状況においても最適なパフォーマンスを発揮できる。

▽SOMATOM Driveに搭載された新たなテクノロジー◇新型X線管STRATON MX Sigma…STRATON MX Sigmaは、低管電圧撮影においても最大1.5A(750mA×2)の管電流設定が可能なハイパワー新型X線管である。70kVから140kVまで10kVステップで管電圧を設定することができる。ATVS(Automated Tube Voltage Selection)機構であるCARE kVによって被検者の体型や検査目的に合わせた自動管電圧設定も可能である◇Drive Spiral Scan with Stellar infinity Detector…SOMATOM Forceから継承した「Stellar infinity Detector」と新型X線管「STRATON MX Sigma」を2対搭載した同装置は、高速二重螺旋撮影である「Drive Spiral Scan」によって、息止めを必須とせず、臓器の動きによるブレを抑えた高速撮影を広範囲に適応することができる◇Spectrum Shaping with Tin filter…新しい被ばく低減技術である、X線スペクトラムの変調技術を搭載している。これにより、検査目的に最適化されたX線スペクトラムを実現し、画質を損なうことなく、一般的な胸部レントゲン撮影と同等な被ばくレベルで、胸部CT検査を実施することが可能である。

 その他の主な出展製品は次のとおり。
◎ARTIS pheno=手術室での経験を踏まえ、ハイブリッド手術室にも対応できるデザインと機能を搭載した多軸透視・撮影システム、Angiographyとしても最先端技術を搭載。

◎MAMMOMAT Inspiration=トモシンセシス撮影がもたらす最新技術HDBTを搭載したデジタルマンモグラフィ装置。

◎ACUSON NX3 Elite=ハイエンド装置で培った高画質や高機能を搭載した汎用性の高い超音波画像診断装置。

◎Biograph Horizon=ショートガントリ130cmのコンパクト設計で、Hi-Rez LSOとTOFテクノロジーを搭載し、検出能と定量性を両立するPET・CT装置。

◎Simbia Intevo=画像再構成技術xSPECTを搭載し、安定した定量計測でSUV値を算出できるSPECT・CT装置。

◎teamplay=医療画像ビッグデータを活用したクラウドサービス。

◎Option&Version up=使用装置で最新機能が利用できる、バージョンアップやトライアルライセンスを紹介。

◎syngo.Via RT Image Suite=放射線治療計画を支援する“ syngo.Via RT Image Suite”。

 また“Daily Success”日々の課題へのソリューションを提供する新製品の1.5T MRI装置も出展する。


学会一覧へ

会員専用サイトへ

ログイン

医療関係団体ニュース

インフォメーション



身近なニュースを
お寄せください

・新製品
・セミナー
・講演会情報など

お問い合わせはこちらまで
お願いします


医療機器の医療機器ネット

常勤・非常勤医師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ドクター・ネット

看護師/准看護師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ナース・ネット

By Next Communications