今週の読みどころ

新製品情報

記事一覧

セミナー・講演会等

記事一覧

行政

厚労省が第6期介護保険料の動向を発表。初めて5000円を突破

2364号 - 2015年5月 21日


 厚生労働省老健局はこのほど、平成27年度から29年度までの第6期介護保険事業計画期間の全国の市町村における介護保険の第1号保険料(65歳以上)の動向をまとめて公表した。第6期の介護保険料額(月額。加重平均)は5514円と第5期より542円、10.9%増加し、介護保険制度が導入された平成12年度(第1期)の2911円の1.89倍、初めて5000円を突破した。全国1579保険者のうち第5期より保険料を引き上げた保険者は1488保険者と全体の94.2%を占める。保険料は鹿児島県三島村が2800円と最も低く、奈良県天川村が8686円と最も高い。介護保険料の全国平均は5年後の平成32年度には6771円、団塊の世代が75歳以上となる平成37年度(2025年度)には8165円と第6期の1.48倍になると見込んでいる。


行政一覧へ

会員専用サイトへ

ログイン

医療関係団体ニュース

インフォメーション



身近なニュースを
お寄せください

・新製品
・セミナー
・講演会情報など

お問い合わせはこちらまで
お願いします


医療機器の医療機器ネット

常勤・非常勤医師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ドクター・ネット

看護師/准看護師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ナース・ネット

By Next Communications