今週の読みどころ

新製品情報

記事一覧

セミナー・講演会等

記事一覧

行政

中医協総会で入院医療関係の点数を議論。夜勤72時間ルールの計算方法を一部緩和

2390号 - 2015年12月 3日


 中医協は11月25日に総会を開き、28年度診療報酬改定の課題のうち入院医療関係の点数項目について6回目の議論を行った。特に入院基本料の算定病棟で求められる看護職員の月平均夜勤72時間要件について事務局から提案があり、今の考え方を維持した上で、子育て中などの職員を考慮し、夜勤時間数の計算対象から現行では除外されている月16時間以下の者を一定程度含める形で計算方法を見直すこと、一定の条件を設けた上で夜勤72時間を超過した場合の2割減算の期間(3ヵ月間)の延長、当該期間を過ぎた後も夜勤可能な看護職員を確保できなかった場合、特別入院基本料の算定ではなく、2割減算よりも低めの水準の入院料の設定を考えることが案として示された。診療側は今回提案(後掲の論点参照)に理解を示したが、支払側委員(特に連合)は慎重な姿勢を示した。


行政一覧へ

会員専用サイトへ

ログイン

医療関係団体ニュース

インフォメーション



身近なニュースを
お寄せください

・新製品
・セミナー
・講演会情報など

お問い合わせはこちらまで
お願いします


医療機器の医療機器ネット

常勤・非常勤医師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ドクター・ネット

看護師/准看護師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ナース・ネット

By Next Communications