今週の読みどころ

新製品情報

記事一覧

セミナー・講演会等

記事一覧

行政

全体的に非常に良い改定内容に 支払側が総括

2399号 - 2016年2月 18日


 中医協の総会終了後に支払側は厚労省内で記者会見を行い、28年度診療報酬改定の議論と改定内容について見解を述べた。代表して説明に当たった幸野庄司委員(健保連理事)は「今改定は一部に継続課題が残ったが、全体的には非常に良い内容になった」と評価した。重点課題の医療機能の分化・連携は「改定の基本方針に沿った改定となった。特に急性期入院医療は、我々の主張と一部異なる結果となったが、患者像の指標見直しは評価している。また、回復期リハ病棟へのアウトカム評価が導入されることになった意義は大きい」などと述べ、エビデンス・ベースの議論をさらに推進していくべきことを強調した。


行政一覧へ

会員専用サイトへ

ログイン

医療関係団体ニュース

インフォメーション



身近なニュースを
お寄せください

・新製品
・セミナー
・講演会情報など

お問い合わせはこちらまで
お願いします


医療機器の医療機器ネット

常勤・非常勤医師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ドクター・ネット

看護師/准看護師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ナース・ネット

By Next Communications