今週の読みどころ

新製品情報

記事一覧

セミナー・講演会等

記事一覧

行政

厚労省・研究班が保健事業の転換を提言。後期高齢者はフレイル対策を重点に

2409号 - 2016年4月 28日


 厚生労働省の後期高齢者の保健事業のあり方に関する研究班(班長=鈴木隆雄・国立長寿医療研究センター理事長特任補佐)は12日、急増する後期高齢者の特性を踏まえ、今後の保健事業の姿は現役世代の肥満対策を重視した生活習慣病対策から「フレイルに着目した対策」に徐々に転換させる必要があるとの提言を盛り込んだ報告書を取りまとめた。フレイルの進行を予防するための生活習慣病の重症化予防や低栄養、口腔機能・運動機能・認知機能の低下などに対する取組みがより重要になることを強調、後期高齢者医療広域連合が保健事業を効果的に展開するための「後期高齢者の保健事業ガイドライン」の試案も提示した。


行政一覧へ

会員専用サイトへ

ログイン

医療関係団体ニュース

インフォメーション



身近なニュースを
お寄せください

・新製品
・セミナー
・講演会情報など

お問い合わせはこちらまで
お願いします


医療機器の医療機器ネット

常勤・非常勤医師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ドクター・ネット

看護師/准看護師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ナース・ネット

By Next Communications