今週の読みどころ

新製品情報

記事一覧

セミナー・講演会等

記事一覧

行政

28年度診療報酬改定の点数経過措置が終了。厚労省が再届出が必要な点数の取り扱い示す

2427号 - 2016年9月 15日


 厚生労働省保険局医療課は1日付で「平成28年度診療報酬改定において経過措置を設けた施設基準の取扱いについて」の事務連絡をまとめて関係方面に送付した。取扱い手続きは「基本診療料の施設基準等及びその届出に関する手続きの取扱いについて」(平成28年3月4日保医発0304第1号)で示されているが、同通知の第4表2に掲げる点数であって、経過措置終了後の10月1日以降も引き続きその点数を算定する場合に届出が必要なものを取りまとめたもの。10月7日までに届出書の提出があり、10月末日までに要件審査を終えて届出の受理が行われれば10月1日に遡って算定できるとしている。基本診療料のうち10月1日以降も引き続き算定する場合に届出が必要な項目、届出対象となる病院(28年3月31日での届出)、経過措置が設定されている要件は以下のとおりである。


行政一覧へ

会員専用サイトへ

ログイン

医療関係団体ニュース

インフォメーション



身近なニュースを
お寄せください

・新製品
・セミナー
・講演会情報など

お問い合わせはこちらまで
お願いします


医療機器の医療機器ネット

常勤・非常勤医師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ドクター・ネット

看護師/准看護師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ナース・ネット

By Next Communications