今週の読みどころ

新製品情報

記事一覧

セミナー・講演会等

記事一覧

行政

厚労省検討会の医師需給分科会で医師偏在対策の具体化へ向けた議論続く

2431号 - 2016年10月 13日


医療圏毎に診療科別の「専門医定員枠」
保険医登録、医師不足地域勤務を条件に

 厚生労働省医政局の医療従事者需給検討会の「医師需給分科会」(座長=片峰茂・長崎大学学長)は、一定の配置規制に踏み出す医師偏在対策の具体化に向けた議論に入ったが、6日の第8回会合で、参考人として出席した地域医療機能推進機構(JCHO)の尾身茂理事長の提案を受け、新専門医制度においては医療圏ごとに各診療科別の定員としての「専攻医研修枠」を設けて徐々に上方修正していく方向で基本的に合意した。尾身理事長は、保険医登録において一定期間の医師不足地域での勤務を条件とする新たな案も提示、一定の理解を得た。


行政一覧へ

会員専用サイトへ

ログイン

医療関係団体ニュース

インフォメーション



身近なニュースを
お寄せください

・新製品
・セミナー
・講演会情報など

お問い合わせはこちらまで
お願いします


医療機器の医療機器ネット

常勤・非常勤医師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ドクター・ネット

看護師/准看護師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ナース・ネット

By Next Communications