今週の読みどころ

新製品情報

記事一覧

セミナー・講演会等

記事一覧

行政

オプジーボ来月2月から薬価を50%引き下げ、中医協が緊急対応決める

2437号 - 2016年11月 24日


 中央社会保険医療協議会(田辺国昭会長)は16日に薬価専門部会と総会を開き、当面の大きな課題となっていた高額薬剤の緊急的な対応を協議した結果、対象要件に該当する「オプジーボ点滴静注20mg、同100 mg」(小野薬品工業)の薬価を来年2月1日から50%引き下げることを決めた。同20 mgの薬価は15万200円から7万5100円に、同100 mgの薬価は72万9849円から36万4925円に改定される。算定薬価に対して企業側からは不服意見を提出できる。在庫管理など医療現場における円滑対応の観点から、改定告示(11月中を予定)より適用までの期間は2ヵ月以上の期間を設けることにした。


行政一覧へ

会員専用サイトへ

ログイン

医療関係団体ニュース

インフォメーション



身近なニュースを
お寄せください

・新製品
・セミナー
・講演会情報など

お問い合わせはこちらまで
お願いします


医療機器の医療機器ネット

常勤・非常勤医師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ドクター・ネット

看護師/准看護師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ナース・ネット

By Next Communications