今週の読みどころ

新製品情報

記事一覧

セミナー・講演会等

記事一覧

行政

厚労省・検討会が母子保健情報の利活用を議論。管理・活用の基本的方向を了承

2512号 - 2018年6月 21日


 厚生労働省は8日、第4回データヘルス時代の母子保健情報の利活用に関する検討会(座長=山縣然太朗・山梨大学大学院教授)を省内で開き、電子的記録の管理・活用や連携のありかたなどについて議論、基本的な方向性として事務局が提示した案が了承された。
 管理方法のうち個人識別子(ID)について、乳幼児健診および妊婦健診はマイナンバーにより管理することとした。妊婦健診の標準的な電子的記録様式に入力する項目については、妊婦健診で把握された情報として、医療機関から市町村へ情報提供を受けた場合、自治体が電子化することとしている。


行政一覧へ

会員専用サイトへ

ログイン

医療関係団体ニュース

インフォメーション



身近なニュースを
お寄せください

・新製品
・セミナー
・講演会情報など

お問い合わせはこちらまで
お願いします


医療機器の医療機器ネット

常勤・非常勤医師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ドクター・ネット

看護師/准看護師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ナース・ネット

By Next Communications