今週の読みどころ

新製品情報

記事一覧

セミナー・講演会等

記事一覧

行政

厚労省・患者申出療養評価会議で新たに5例目を承認

2521号 - 2018年8月 30日


 厚生労働省は23日、第10回患者申出療養評価会議を都内で開催し、5例目となる患者申出療養が認められた。
 今回認められたのは「Genotype1型C型肝炎ウイルス感染に伴う非代償性肝硬変患者に対するレジパスビル・ソホスブビル療法」で、ギリアド・サイエンシズ社のハーボニー配合錠を投与するもの。保険診療と保険外診療の併用が認められるものの、患者負担額は500万円近くになる見込み。臨床研究中核病院は大阪大学医学部附属病院。受理日は今年8月8日で、1ヵ月足らずでのスピード承認となった。


行政一覧へ

会員専用サイトへ

ログイン

医療関係団体ニュース

インフォメーション



身近なニュースを
お寄せください

・新製品
・セミナー
・講演会情報など

お問い合わせはこちらまで
お願いします


医療機器の医療機器ネット

常勤・非常勤医師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ドクター・ネット

看護師/准看護師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ナース・ネット

By Next Communications