今週の読みどころ

新製品情報

記事一覧

セミナー・講演会等

記事一覧

行政

厚労省懇談会が上手な医療のかかり方で初会合。医師の負担減らし質と安全の確保を

2528号 - 2018年10月 18日


医師の働き方改革に国民の理解不可欠
 厚生労働省は5日、第1回上手な医療のかかり方を広めるための懇談会を省内で開いた。座長に就任した渋谷健司・東京大学大学院教授が自由な議論を促すと、ユニークな顔ぶれの構成員(別掲参照)からは活発な意見が相次ぎ、国民が安心して医療機関にかかるためのサイトの創設などが提案された。会合の終わりにあいさつした根本匠・厚生労働大臣は、「受診を抑制する目的ではない」と強調したうえで、厚労省による「#8000」(子ども医療電話相談事業)を例に、「残念ながらあまり認識されていない」が、こうした取組みにより、「医療提供サイドの負担が減り、医療の質の向上や医療安全の確保にもつながる」と述べ、今後の柔軟かつ自由な議論に期待を寄せた。


行政一覧へ

会員専用サイトへ

ログイン

医療関係団体ニュース

インフォメーション



身近なニュースを
お寄せください

・新製品
・セミナー
・講演会情報など

お問い合わせはこちらまで
お願いします


医療機器の医療機器ネット

常勤・非常勤医師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ドクター・ネット

看護師/准看護師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ナース・ネット

By Next Communications