今週の読みどころ

新製品情報

記事一覧

セミナー・講演会等

記事一覧

行政

厚労省が早期乳がんへのラジオ波熱焼灼療養を患者申出療養に承認

2544号 - 2019年2月 21日


 厚生労働省は7日、第13回患者申出療養評価会議(座長=福井次矢・聖路加国際病院院長)を開き、早期乳がん(直径1.5センチメートル以下のものに限る)へのラジオ波熱焼灼療法の安全性と有効性に関する多施設共同研究を条件付きで承認した。予定試験期間は8年で、6年の登録期間中に登録された患者を対象に、放射線治療後4ヵ月まで追跡を行い、追跡期間終了後1年かけて解析を行う。1件あたり技術費用は88万1033円。患者申出療養にかかる費用は37万9303円で、患者負担額は53万1906円。


行政一覧へ

会員専用サイトへ

ログイン

医療関係団体ニュース

インフォメーション



身近なニュースを
お寄せください

・新製品
・セミナー
・講演会情報など

お問い合わせはこちらまで
お願いします


医療機器の医療機器ネット

常勤・非常勤医師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ドクター・ネット

看護師/准看護師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ナース・ネット

By Next Communications