今週の読みどころ

新製品情報

記事一覧

セミナー・講演会等

記事一覧

行政

中医協・総会で働き方改革の推進にあたり診療報酬対応で議論白熱

2577号 - 2019年10月 24日


[診療側]次期改定で手当てを
[支払側]「時期尚早」課題精査を

 中央社会保険医療協議会(田辺国昭会長)は18日に総会を開き、医療従事者の働き方のうち医療機関内における労務管理や労働環境の改善のためのマネジメントシステムの実践に役立つ取組みの推進について議論した。診療側委員からは、働き方改革に向けた取組みは「待ったなし」の状況で既に着手しているとし、次期診療報酬改定での対応を求めた一方、支払側委員は「時期尚早」と明確に反対の意向を示し、三位一体改革の進捗を見据え、まずは課題を精査するべきと訴えた。病院の立場から猪口雄二委員(全日本病院協会会長)は「人手を増やしていかないとまわっていかない」、「きちんとした勤務環境を作るためには絶対に費用が必要」と強調、「急性期の病院からは悲鳴」があがっており、「せめて改革に対する診療報酬がないとこれから病院は経営自体が非常に厳しい」と理解を求めた。


行政一覧へ

会員専用サイトへ

ログイン

医療関係団体ニュース

インフォメーション



身近なニュースを
お寄せください

・新製品
・セミナー
・講演会情報など

お問い合わせはこちらまで
お願いします


医療機器の医療機器ネット

常勤・非常勤医師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ドクター・ネット

看護師/准看護師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ナース・ネット

By Next Communications