今週の読みどころ

新製品情報

記事一覧

セミナー・講演会等

記事一覧

行政

厚労省・医師需給分科会、2020年度の地域枠の臨時定員が大幅減に。「別枠方式」が影響

2583号 - 2019年12月 5日


 厚生労働省は11月27日、医療従事者の需給に関する検討会医師需給分科会(座長=片峰茂・長崎大学名誉教授)を開き、今年3月に取りまとめた第4次中間取りまとめ事項の進捗の報告などを行い、2020年度の地域枠を要件とした臨時定員が前年度と比べ64人減少し、843人になったことを明らかにした。神野正博構成員(全日本病院協会副会長)は「医師少数区域に対して需給を満たすためには、地域枠が非常に有効だということがこれまでの議論だったのに、非常に残念」と述べた。減少の原因として事務局は「別枠方式」のみを地域枠として認めたことが影響したと見ており、佐々木健医事課長は、別枠でも確保できるかどうか「確認しながら申請してもらった結果としてトータルとして減っている」と説明した。


行政一覧へ

会員専用サイトへ

ログイン

医療関係団体ニュース

インフォメーション



身近なニュースを
お寄せください

・新製品
・セミナー
・講演会情報など

お問い合わせはこちらまで
お願いします


医療機器の医療機器ネット

常勤・非常勤医師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ドクター・ネット

看護師/准看護師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ナース・ネット

By Next Communications