今週の読みどころ

新製品情報

記事一覧

セミナー・講演会等

記事一覧

行政

中医協が富士市で公聴会。中小病院への配慮や救急は地域の実情に応じた対応求める意見も

2589号 - 2020年1月 30日


 中央社会保険医療協議会(田辺国昭会長)は24日、富士市産業交流展示場ふじさんめっせ(静岡県富士市)で2020年度診療報酬改定に向けて公聴会を開いた。意見発表者は、公募に応じた者の中から公益委員が選んだ医師、歯科医師、看護師、薬剤師、保険者、患者支援団体代表ら10人。それぞれの立場から5分以内で意見を発表した。全員の意見発表を受け田辺会長は、働き方改革の重要性、医療機能分化やかかりつけ医機能の更なる推進の必要性については共通認識が得られたと総括する一方、支払側からは現役世代の負担が非常に大きくなっていることへの対応を、医療関係者からは、病院経営、特に中小病院の経営が厳しいことへの対応を、それぞれ求める意見があったとし、今後、中医協で審議するとした。


行政一覧へ

会員専用サイトへ

ログイン

医療関係団体ニュース

インフォメーション



身近なニュースを
お寄せください

・新製品
・セミナー
・講演会情報など

お問い合わせはこちらまで
お願いします


医療機器の医療機器ネット

常勤・非常勤医師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ドクター・ネット

看護師/准看護師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ナース・ネット

By Next Communications