今週の読みどころ

新製品情報

記事一覧

セミナー・講演会等

記事一覧

行政

新潟県が県央基幹病院の2023年開院に向け整備。2病院を統合再編

2410号 - 2016年5月 12日


 新潟県はこのほど県央基幹病院整備基本計画(案)を公表した。県央医療圏の労働者健康安全機構燕労災病院(鈴木幸雄院長、燕市、300床)と新潟県厚生農業協同組合連合会三条総合病院(神田達夫院長、三条市、199床)を再編し基幹病院を整備する。基幹病院は2病院の機能を引き継ぎつつ救命救急医療および高度・専門的医療の提供や地域医療支援の拠点的機能などを担う。病床数は450床、22診療科を予定。公設民営方式を採用する。今後は労働者健康安全機構からの燕労災病院の早期移譲を受け、2020年の着工、22年度の竣工、23年度の開院を目指す。


行政一覧へ

会員専用サイトへ

ログイン

医療関係団体ニュース

インフォメーション



身近なニュースを
お寄せください

・新製品
・セミナー
・講演会情報など

お問い合わせはこちらまで
お願いします


医療機器の医療機器ネット

常勤・非常勤医師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ドクター・ネット

看護師/准看護師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ナース・ネット

By Next Communications