今週の読みどころ

新製品情報

記事一覧

セミナー・講演会等

記事一覧

行政

沖縄県立八重山病院が新築移転、10月1日に開院。圏域内で完結した医療を

2529号 - 2018年10月 25日


八重山圏域唯一の公的総合病院302床
 八重山諸島の石垣島で運営している沖縄県立八重山病院(篠﨑裕子病院長、沖縄県石垣市)が新築移転し10月1日に開院した。新病院は病床数302床を整備、24診療科を掲げる。地域がん診療病院として外来化学療法室を増床し、周産期医療ではハイリスク分娩の対応を強化したほか、CT装置の機器などを新たに導入した。唯一の公的総合病院として、八重山圏域における中核病院の役割を果たし圏域内で医療提供を完結させることを目指す。篠﨑裕子病院長は「地域住民の健康と『より良い生』を支援するため、信頼される病院を目指す」と抱負を語る。


行政一覧へ

会員専用サイトへ

ログイン

医療関係団体ニュース

インフォメーション



身近なニュースを
お寄せください

・新製品
・セミナー
・講演会情報など

お問い合わせはこちらまで
お願いします


医療機器の医療機器ネット

常勤・非常勤医師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ドクター・ネット

看護師/准看護師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ナース・ネット

By Next Communications