今週の読みどころ

新製品情報

記事一覧

セミナー・講演会等

記事一覧

医療・介護経営

リオンが“どこでも快適に使える補聴器”を目指して2030年の未来図を発表

2334号 - 2014年10月 2日


 リオンはこのほど、「どこでも快適に使える補聴器を目指して」をテーマに未来図「2030年暮らしの中の補聴器」を発表した。超高齢社会における多くの難聴者が暮らしのあらゆる場面で補聴器を活用できている社会を描き、都内で開いた記者懇親会で披露した。同社の研究・開発を担うR&Dセンターの成沢良幸・執行役員技術開発部長は「高齢者の大半が難聴になる、言わば“難聴社会”を迎える現実を社会が自覚すべき」と訴え、社会の難聴者への理解を深め、偏見をなくすように努めていくことの重要性を指摘し、「つけてうれしい補聴器として、文化を変えていく」と抱負を語った。


医療・介護経営一覧へ

会員専用サイトへ

ログイン

医療関係団体ニュース

インフォメーション



身近なニュースを
お寄せください

・新製品
・セミナー
・講演会情報など

お問い合わせはこちらまで
お願いします


医療機器の医療機器ネット

常勤・非常勤医師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ドクター・ネット

看護師/准看護師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ナース・ネット

By Next Communications