今週の読みどころ

新製品情報

記事一覧

セミナー・講演会等

記事一覧

医療・介護経営

インドの検体検査試薬合弁会社を完全子会社化 日本光電

0501号 - 2015年5月 1日


日本光電工業(東京都新宿区)および日本光電インディアはこのほど、インドで検体検査試薬の製造・販売を行う合弁会社スパン日本光電ダイアグノスティクス(以下スパン日本光電)について、合弁先であるSpan Diagnostics Ltd.(以下Span社)が保有する全株式(45%分)を買い取ることで基本合意に達した。
 スパン日本光電は2008年にSpan社と合弁で設立した。インドでの検体検査機器の設置台数増加に伴い、現地製造による純正試薬の安定供給を推進し、検体検査機器事業の基盤強化に取り組んできた。インドは医療水準の向上と経済発展に伴い、今後も医療機器の需要拡大が見込まれる。この需要拡大に迅速かつ柔軟に対応し、経営の自由度を高める必要性から、今回スパン日本光電を完全子会社化することとした。


医療・介護経営一覧へ

会員専用サイトへ

ログイン

医療関係団体ニュース

インフォメーション



身近なニュースを
お寄せください

・新製品
・セミナー
・講演会情報など

お問い合わせはこちらまで
お願いします


医療機器の医療機器ネット

常勤・非常勤医師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ドクター・ネット

看護師/准看護師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ナース・ネット

By Next Communications