今週の読みどころ

新製品情報

記事一覧

セミナー・講演会等

記事一覧

医療・介護経営

グレープシステムが超音波で院内所在検知システムの提案強化。病院向けに多用途想定

2369号 - 2015年6月 25日


 ソフトウェア開発などを手掛けるグレープシステム(横浜市西区)は、病院を対象に超音波を用いた院内所在検知システムの提案を強化する。医療機器や医療スタッフ、患者の所在を検知・分析することで病院経営改善や医療安全、感染管理対策にも役立てられることをアピールしたい考え。同社第一技術部の工藤清隆部長は「医療現場に負担の少ない情報収集システムのため、運用により医療の質と効率の向上が期待できるほか、高負荷がかかっているスタッフの勤務環境の改善にもつなげられる」と話す。


医療・介護経営一覧へ

会員専用サイトへ

ログイン

医療関係団体ニュース

インフォメーション



身近なニュースを
お寄せください

・新製品
・セミナー
・講演会情報など

お問い合わせはこちらまで
お願いします


医療機器の医療機器ネット

常勤・非常勤医師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ドクター・ネット

看護師/准看護師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ナース・ネット

By Next Communications