今週の読みどころ

新製品情報

記事一覧

セミナー・講演会等

記事一覧

医療・介護経営

セント・ジュード・メディカルが杏林大病院で『MediGuideテクノロジー』の導入発表会

2379号 - 2015年9月 10日


 セント・ジュード・メディカル(東京都港区)はこのほど、杏林大学医学部付属病院(東京都三鷹市)で「MediGuideテクノロジー」の導入発表会を行った。
 MediGuideテクノロジーとは、ライブで行う一連のX線透視画像の代替として、あらかじめ録画しておいたX線透視画像上で血管と心臓の構造を評価する世界唯一(2014年3月現在)の3次元位置情報ナビゲーションシステムである。従来の心臓手術ではカテーテルの位置を把握するためにはX線による透視が必要であり、手技の間中、患者と術者は放射線を浴び続けることになる。それに対してMediGuideは、事前に録画したX線透視画像をループ再生させ、その画像上にシステムから発生させた微弱な磁場を利用し、超小型の磁気センサー内蔵の専用デバイスの位置を3次元で特定させていく。これにより医療従事者や患者の被ばく時間は、事前に画像を録画した時間のみで済むため、被ばく線量を大幅に低減できる。


医療・介護経営一覧へ

会員専用サイトへ

ログイン

医療関係団体ニュース

インフォメーション



身近なニュースを
お寄せください

・新製品
・セミナー
・講演会情報など

お問い合わせはこちらまで
お願いします


医療機器の医療機器ネット

常勤・非常勤医師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ドクター・ネット

看護師/准看護師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ナース・ネット

By Next Communications