今週の読みどころ

新製品情報

記事一覧

セミナー・講演会等

記事一覧

医療・介護経営

2016年に臨む医療機器メーカーの抱負

2393号 - 2016年1月 1日


 超高齢社会の進展に伴い、2025年に目指すべき医療提供体制の構築が喫緊の課題となり、医療機能の分化と地域連携の推進が加速している。 医療機器メーカーでも単独のモダリティ・ソフトウェア・技術・設備の性能を医療機関に訴求するだけではなく、医療現場で起きているさまざまな課題解決に向けた総合的な提案が図られ、昨年は、医療従事者と医療機器メーカーが「連携」を模索する年となった。人に優しい技術は進化を続け、注目を浴びた。患者に対しては、より低侵襲を目指し、被ばく低減を図ったX線画像診断装置や低被ばくに対応する画像処理ソフトウェアは更に性能を向上させた。また、医療従事者への被ばく低減に寄与する装置の導入も推進されている。さらに無侵襲の超音波画像診断装置も更に画質向上が図られ、ますます需要が増えている。患者のホスピタリティ強化も注力され、MRIの静音化、快適性の向上、撮像時間の短縮なども一層進められた。多職種連携に伴い、誰でも分かりやすい院内物流システムの構築に寄与する設備の導入や、より良い医療提供体制を提供するため、医療従事者のワーク・ライフ・バランスの推進も強化され、作業効率化を図る機器や技術の需要もさらに高まってきている。このような状況の下、迎えた新年、主要医療機器、医用画像処理関連会社の営業責任者に2016年にかける抱負を聞いた。併せて各社が2016年、拡販に努める主力製品の紹介を行った。

◎日立メディコ…河野副事業部長
◎GEヘルスケア・ジャパン…岡野取締役
◎富士フイルムメディカル…杉本常務
◎東芝メディカルシステムズ…鷲尾専務
◎島津製作所…森本営業部長
◎シーメンスヘルスケア…清水執行役員
◎コニカミノルタヘルスケア…堀取締役
◎フクダ電子…白井社長
◎ザイオソフト…清水部長


医療・介護経営一覧へ

会員専用サイトへ

ログイン

医療関係団体ニュース

インフォメーション



身近なニュースを
お寄せください

・新製品
・セミナー
・講演会情報など

お問い合わせはこちらまで
お願いします


医療機器の医療機器ネット

常勤・非常勤医師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ドクター・ネット

看護師/准看護師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ナース・ネット

By Next Communications