今週の読みどころ

新製品情報

記事一覧

セミナー・講演会等

記事一覧

医療・介護経営

東大・国がん研・コニカミノルタが次世代包括的がん遺伝子パネル検査の共同研究開発を開始

2560号 - 2019年6月 20日


 東京大学、国立がん研究センター研究所、コニカミノルタ(東京都千代田区)は6日、東京大学本郷キャンパスで記者会見を開き、3者でのパートナーシップを発表した。東京大学先端科学技術研究センター油谷浩幸教授および当時の東京大学大学院医学系研究科の間野博行教授(現国立がん研究センター研究所細胞情報学分野長)が中心となり開発してきた世界最先端の「東大オンコパネル(Todai OncoPanel)」を基盤とし、コニカミノルタグループの米国Ambry Genetics Corporationが保有するグローバルな遺伝子診断技術の知見を融合させる共同研究開発を行い、世界最高峰の次世代包括的がん遺伝子パネル検査を開発する。


医療・介護経営一覧へ

会員専用サイトへ

ログイン

医療関係団体ニュース

インフォメーション



身近なニュースを
お寄せください

・新製品
・セミナー
・講演会情報など

お問い合わせはこちらまで
お願いします


医療機器の医療機器ネット

常勤・非常勤医師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ドクター・ネット

看護師/准看護師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ナース・ネット

By Next Communications