今週の読みどころ

新製品情報

記事一覧

セミナー・講演会等

記事一覧

ニュース

県立中央病院の建替へ 基本設計を公表 鳥取県

0924号 - 2015年9月 24日


 鳥取県はこのほど、現地での建替整備を進めている県立中央病院(日野理彦院長。鳥取市江津)の基本設計を公表した。2016年度の着工、30年度の開院を目指す。

 新病院は、(1)高度医療を提供する病院(2)安全で信頼される病院(3)患者・家族に開かれたやさしい病院(4)災害に強い病院(5)経営効率に配慮した病院(6)職員が最大限の能力を発揮できる働きやすい病院―を基本理念に掲げ整備、現行の431床から518床に増床する。
高度医療を提供するため、救急機能、周産期医療、がん医療などの高度医療機能を充実させる。さらに、緩和ケア病棟を10床新設する。

 新病院棟は地上11階、塔屋1階建て。1996年竣工の外来棟と合わせた延床面積は、5万7960平方メートル。病院の主要部門を2階以上に配置し、複合災害時にも医療機能を維持する計画。
 建物の主な配置は、2階に放射線部門、救命救急センター、小児外来、3階に外来部門、中央検査部門、4階に手術部門、ICU・HCU、5階に産科病棟、小児病棟、NICU、6階に脳卒中センター、心臓病センター、7階に管理部門、8~11階に病棟などを計画している。外来棟は改修し院内保育所、鳥取療育園などを整備する。


ニュース一覧へ

会員専用サイトへ

ログイン

医療関係団体ニュース

インフォメーション



身近なニュースを
お寄せください

・新製品
・セミナー
・講演会情報など

お問い合わせはこちらまで
お願いします


医療機器の医療機器ネット

常勤・非常勤医師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ドクター・ネット

看護師/准看護師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ナース・ネット

By Next Communications