今週の読みどころ

新製品情報

記事一覧

セミナー・講演会等

記事一覧

ニュース

県立病院の平成27年度患者満足度調査の結果を公表 岩手県

1028号 - 2015年10月 28日


 岩手県医療局は9日、「平成27年度患者満足度調査」の結果を公表した。調査によると、「職員の基本的な接し方」への評価について、約95%が「満足・やや満足」および「普通」と回答しており、「満足・やや満足」は前回調査よりも11.4ポイント高くなっていたことなどがわかった。一方で、部門別の接遇に対する不満では、前回調査と比較し「忙しそうで話しかけにくい雰囲気である」が事務部門、看護部門、医師部門それぞれで増加傾向を示していた。

 調査は平成27年6月17日~6月30日に県立の20病院および6地域医療センターを利用する、入院患者1790人および外来患者2590人の合計4380人を対象に実施。回答数は入院1488人(回収率83.1%)、外来2352人(90.8%)の合計3840人(87.7%)だった、

 調査によると、入院と外来の合計で、「満足・やや満足」が66.4%、「普通」が28.7%、「不満・やや不満」が4.9%だった。「満足・やや満足」が前回の26年度調査より11.4ポイント高くなった一方、「不満・やや不満」は1.2ポイント改善していた。

 入院の接遇に関する不満について内訳をみると、事務部門では「言葉遣い、態度が悪かった」の割合が前回調査より6ポイント減少し12.4%、「無愛想・笑顔がない」が3.2ポイント減少して24.8%と改善されていた一方で、「忙しそうで話しかけにくい雰囲気である」が12.6ポイント増加し、50.4%と半数意見を占めた。

 看護部門では「言葉遣い、態度が悪かった」が6.9ポイント減の17.2%、「無愛想・笑顔がない」が6.3ポイント減少して14.8%だったが、「忙しそうで話しかけにくい雰囲気である」は10.1ポイント増加し44.6%だった。

 医師部門では、「髪型・服装などに清潔感がない」が6.5%から5.8%に、「無愛想・笑顔がない」が20.2%から18.2%にそれぞれ改善しているが、「忙しそうで話しかけにくい雰囲気である」は46.9%で前回より1.0ポイント増、25年度調査の37.5%より9.4ポイント増加しており、年々割合が高くなっている。


ニュース一覧へ

会員専用サイトへ

ログイン

医療関係団体ニュース

インフォメーション



身近なニュースを
お寄せください

・新製品
・セミナー
・講演会情報など

お問い合わせはこちらまで
お願いします


医療機器の医療機器ネット

常勤・非常勤医師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ドクター・ネット

看護師/准看護師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ナース・ネット

By Next Communications