今週の読みどころ

新製品情報

記事一覧

セミナー・講演会等

記事一覧

ニュース

俳優の伊勢谷友介さんが代表を務めるリバースプロジェクトと共同事業
新規事業創出を目指す イトーキ

0621号 - 2016年6月 21日


病院新聞 ニュース

[イトーキの平井社長(右)とリバースプロジェクト代表で俳優の伊勢谷さん]

 オフィスや医療施設の家具などを手掛けるイトーキ(大阪市城東区、平井嘉朗社長)は21日、俳優の伊勢谷友介さんが代表を務めるリバースプロジェクト(東京都港区)と共同事業「CSW事業」を開始すると発表した。同事業は、社会性に富んだ新規事業の創出を目指すもの。この日、都内で開いた記者会見で平井社長は「この事業はイトーキとしても1つのチャレンジ」と述べ、同事業の総括プロデューサーに就いた伊勢谷代表は「社会課題の解決が新たなビジネス領域そのもの」「新たな未来を目指して多くの企業とともにCSW事業を立ち上げたい」と抱負を語った。
 CSWは、各企業(Corporate)が目指す「理念・志」(Will)を共有(Share)し、互いの強みを社会(Social)のための価値に変革していく概念を表した造語。同事業の取組みの第一弾としては、年内に教育研修プログラムを開催するとともに、「社会課題解決型の新規事業を創出するためのプラットフォーム」を提供する。2019年を目標に新規事業を創出したいとしている。
 イトーキの平井社長は「この事業で儲けたいというわけではなく、志を共有する企業などが知恵を出し、新事業を展開するうねりがいくつもでき、結果的に大きな事業になることを目指す」「企業が青臭いことを堂々と語っていかなければならない時代に入りつつある」などと述べた。
 リバースプロジェクトは「人類が地球に生き残るためにはどうするべきか?」という命題の下、未来における持続可能な生活のあり方を提案・創造していくために活動している。伊勢谷代表は、近江商人の行動哲学「売り手よし、買い手よし、世間よしの〝三方よし〟」に触れ、「これからは〝未来よし〟を加えた〝四方よし〟だ」などと話した。


ニュース一覧へ

会員専用サイトへ

ログイン

医療関係団体ニュース

インフォメーション



身近なニュースを
お寄せください

・新製品
・セミナー
・講演会情報など

お問い合わせはこちらまで
お願いします


医療機器の医療機器ネット

常勤・非常勤医師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ドクター・ネット

看護師/准看護師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ナース・ネット

By Next Communications