今週の読みどころ

新製品情報

記事一覧

セミナー・講演会等

記事一覧

ニュース

「精神および行動の障害」の入院が25万2000人 平成29年患者調査を公表 厚労省

0318号 - 2019年3月 18日


 厚生労働省は1日、「平成29年患者調査」を取りまとめ公表した。傷病分類別にみたところ、入院患者では「精神および行動の障害」の入院25万2000人、外来では「消化器系の疾患」が129万3000人で最多だった。

 調査は全国の医療施設(病院、一般診療所および歯科診療所)を利用する患者を対象とし、層化無作為により抽出した医療施設における患者を対象としている。調査対象施設数は病院6427施設(回収施設数6395)、一般診療所5887施設(同5526)、歯科診療所1280施設(同1223)。調査期日は、病院は平成29年10月17日~19日の3日間のうち病院ごとに指定した1日。診療所は平成29年10月17日、18日、20日の3日間のうち診療所ごとに指定した1日。また、退院患者については平成29年9月1日~30日までの1ヵ月間とした。

 調査によると、調査日に全国の医療施設で受療した推計患者数は、「入院」が131万2600人、「外来」が719万1000人だった。

 「入院」131万2600人について、施設の種類別にみると「病院」127万2600人、「一般診療所」3万9900人。性別でみると「男」59万9400人、「女」71万3200人、年齢階級別では「65歳以上」96万900人、「75歳以上」69万8800人となっている。
「外来」719万1000人について、施設の種類別にみると「病院」163万人、「一般診療所」421万3300人(「歯科診療所」は省略)。性別でみると「男」305万3700人、「女」413万7300人、年齢階級別では「65歳以上」364万4800人、「75歳以上」208万300人となっている。

入院患者を傷病分類別にみると、多い順に「精神および行動の障害」25万2000人、「循環器系の疾患」22万8600人、「新生物<腫瘍>」14万2200人だった。
外来患者では、多い順に「消化器系の疾患」129万3200人、「循環器系の疾患」88万8900人、「筋骨格系および結合組織の疾患」87万7200人となっている。

 推計患者数を人口10万対で表した受療率は、「入院」1036(男972、女1096)、「外来」5675(男4953、女6360)となっている。
 年齢階級別にみると、入院、外来ともに「65歳以上」が最も高くなっているが、年次推移では低下傾向となっている。


ニュース一覧へ

会員専用サイトへ

ログイン

医療関係団体ニュース

インフォメーション



身近なニュースを
お寄せください

・新製品
・セミナー
・講演会情報など

お問い合わせはこちらまで
お願いします


医療機器の医療機器ネット

常勤・非常勤医師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ドクター・ネット

看護師/准看護師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ナース・ネット

By Next Communications