今週の読みどころ

新製品情報

記事一覧

セミナー・講演会等

記事一覧

ニュース

2008年のがん罹患データを公表 宮城県

0422号 - 2015年4月 22日


 宮城県は2008年(平成20年)のがん罹患データを4月21日に公表した。第二期宮城県がん対策推進計画に基づき実施している「地域がん登録」データを集計、がん罹患数の上位は、男性で胃、肺、大腸、前立腺で全体の3分の2を占め、女性では乳房、大腸、胃の順で、全体の約半数を占めた。また、検診で発見されたがんの割合は26%~39%だった。

 集計によると、08年のがん罹患数は男性8111件、女性5641件の計1万3752件で、05年以降1万3000件を超えて推移している。
 部位別にがん罹患率をみると、男性では胃20.6%、肺15.8%、大腸15.1%、前立腺14.3%、女性では乳房19.6%、大腸16.9%、胃13.2%、肺9.1%の順だった。
 13年度のがん死亡数は男性3854人、女性2644人の計6498人だった。部位別では男性は肺がんが1位、以下胃、大腸、肝臓、膵臓の順、女性は大腸がんが1位で、以下肺、膵臓、胃、乳房と続いた。
 健康診断、人間ドックなどの検診でがんが発見された割合は、子宮頚部が39.4%と最も高く、以下、乳房33.9%、胃32.3%、肺27.0%、大腸25.9%だった。


ニュース一覧へ

会員専用サイトへ

ログイン

医療関係団体ニュース

インフォメーション



身近なニュースを
お寄せください

・新製品
・セミナー
・講演会情報など

お問い合わせはこちらまで
お願いします


医療機器の医療機器ネット

常勤・非常勤医師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ドクター・ネット

看護師/准看護師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ナース・ネット

By Next Communications