今週の読みどころ

新製品情報

記事一覧

セミナー・講演会等

記事一覧

ニュース

2015年のがん罹患率、死亡数予測を発表 がん研

0430号 - 2015年4月 30日


 国立がん研究センター(堀田知光理事長。東京都中央区)は4月28日に、「2015年のがん統計予測」をがん情報サービスで公表した。

 予測によると、15年に新たにがんと診断される罹患数は、98万2100例で、14年予測値より約10万例の増加。要因は高齢化とがん登録情報の精度向上としている。罹患数は男性56万300例、女性は42万1800例で大腸、肺、胃、前立腺、乳房の順で罹患が多いと予測。男性では前立腺がんが最多で、がん登録の精度向上と前立腺がんのPSA検診の普及が要因としている。

 死亡数は、37万900人(男性が21万9200人、女性15万1700人)で、14年の予測値より約4000人の増加。肺、大腸、胃、膵臓、肝臓の順に死亡数が多い。

 罹患数、死亡数とも胃がんと肝臓がんの順位が下がり、肺がんと大腸がんの順位が上がっている。また、前立腺がんと乳がんの罹患数の増加が顕著になっている。

 予測精度は主要部位の5年間の予測について、実測値と比較することで検証されているが、予測には誤差が伴う場合がある。また、前立腺がんの罹患などは検診の動向などによって変動があり得ると説明している。


ニュース一覧へ

会員専用サイトへ

ログイン

医療関係団体ニュース

インフォメーション



身近なニュースを
お寄せください

・新製品
・セミナー
・講演会情報など

お問い合わせはこちらまで
お願いします


医療機器の医療機器ネット

常勤・非常勤医師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ドクター・ネット

看護師/准看護師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ナース・ネット

By Next Communications