今週の読みどころ

新製品情報

記事一覧

セミナー・講演会等

記事一覧

ニュース

7月1日現在の看護職員数を調査 福島県

0731号 - 2015年7月 31日


 福島県では平成23年の震災以来、県内勤務の看護職員の就業状況を把握するため、奇数月および4月1日を基準日として、県内に努める看護職員数の調査を実施している。

 調査によると、7月1日現在の病院数は133(震災前は139)、看護職員数は、全体で1万4762名(稼働ベースで1万4714名)で、震災前の23年3月1日時点と比較し206名(558名)の増。

 圏域ごとにみると、県北が3606名で215名の増、県中・郡山が4305名で225名の増、県南が952名で30人の増、会津が2477名で99名の増、南会津が92名で10名の減。さらに、相双が724名(稼働ベース676名)で464名(112名)の減、相馬エリアが634名(634名)で157名(122名)の減、双葉エリアが90名(42名)で307名の減、いわきが2606名で10名の増だった。

 休業中の病院は、相双の相馬エリアで小高赤坂病院、双葉エリアで医療法人西会西病院、福島県厚生農業協同組合連合会双葉厚生病院、医療法人博文会双葉病院、福島県県立大野病院、今村病院の6ヵ所。


ニュース一覧へ

会員専用サイトへ

ログイン

医療関係団体ニュース

インフォメーション



身近なニュースを
お寄せください

・新製品
・セミナー
・講演会情報など

お問い合わせはこちらまで
お願いします


医療機器の医療機器ネット

常勤・非常勤医師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ドクター・ネット

看護師/准看護師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ナース・ネット

By Next Communications