今週の読みどころ

新製品情報

記事一覧

セミナー・講演会等

記事一覧

新製品情報

医用画像表示ディスプレイ…バルコ

0413号 - 2015年4月 13日


病院新聞 ニュース

【画像:Coronis Uniti】

 バルコ(東京都大田区)は新製品の医用画像表示ディスプレイ等を4月17~19日、パシフィコ横浜で開催されるITEM2015に出展する。

◎Coronis Uniti(MDMC―12133)
 同製品は33インチ医用画像表示ディスプレイ。マルチ・モダリティ画像診断用途に最適化した大画面液晶パネルによるFusionコンセプトデザインをさらに進化させ、これまでモノクロディスプレイでしか提供できなかった超高精細マンモグラフィ画像も1台で併せて表示することが可能となった新世代のオール・モダリティ医用画像表示ディスプレイである。最新の1200万画素、常用1000cdm2の高精細・高輝度専用液晶パネルによる飛躍的な画質性能の向上だけでなく、これまでの読影ワークフローの統合と読影の快適性の向上による高い生産性の提供を目指して開発されたバルコのフラッグシップモデルである。主な特長は次のとおり。

最新の1200万画素、常用1000cdm2の専用高画質液晶パネルとLEDバックライトを採用。多目的マルチモダリティカラー画像も高精細マンモグラフィ画像も1台で効率よく、より快適な画像診断環境を提供するオール・モダリティ医用画像表示ディスプレイ。

②飛躍的な画質性能の向上=▽同社独自の均一性技術「カラーPPU」:カラーPPUは、ピクセル単位での輝度を測定・調整して、些細な画面ノイズを除去、常に均質な画像、より高い画面信頼性を提供する▽新開発DuraLight Brilliance搭載:常用1000cdm2の安定した輝度により、より高いJND(最小可知差異:明るさ等の刺激の変化を知覚できる限界の変化量)を達成、さらに細かい画像細部を表示する▽SteadyColor搭載:DICOMグレースケール基準を満たし、一貫した知覚的リニアカラーを保証する業界初のSteadyColor補正テクノロジーは、グレースケールでもカラーでも、必要十分な表示精度を提供する▽RapidFrame技術:独自技術によるLCDパネルの超高速表示により、大容量の画像を高速スクロールしても、繊細な細部をより容易に視認することができる。ボケのないシャープなデジタル・トモシンセシス画像シネ表示画像の表示により、読影時間の短縮を後押しする。

③より高い読影効率を支援する生産性向上ツール=▽最新の生産性向上ツール(SpotViewTM,DimViewTM SoftGlow)を搭載。長時間の読影時に目の疲労を軽減し、操作性を高めることができる▽SpotViewテクノロジー:より集中して精査・読影が必要な微細な患部または病変部分に焦点を合わせて輝度・コントラストを上げることができる▽SoftGlow:読影室を明るく快適に。手元の書類やフィルムフォルダーを照らす作業用ライト読影室に快適な周辺光となり、目の疲れを軽減する壁用ライト標準装備▽I―Luminate:「ホットライト」ボタンを押すと、輝度が2倍以上になり、低コントラストの画像細部でも読影しやすくなる。また附属のフィルムクリップを併用することで、画面の一部をシャーカステンとして使用することができる。

④常時監視型自動品質管理 フロントセンサー「I―Guard」=特許技術フロントセンサーI―Guardは、標準装備の画面品質管理ソフトウェアMediCal QAWebと連動することで、常に画面品質を監視・自動補正し、DICOM規格へ準拠したディスプレイの画面品質を維持。ディスプレイ管理の省力化を支援する。

⑤最先端のOptcal Glass=最先端のOptical Bonding技術による防護ガラスを採用。多層コーティングが施されたグラスパネルは、映り込み・反射を低減し、画像の鮮鋭度を高めることで、より快適な視野を提供する。また高い耐久性で、傷が付きにくく、液晶パネルを長期間に亘り物理的損傷から保護し、安全に、より清潔に使用できる。


新製品情報一覧へ

会員専用サイトへ

ログイン

医療関係団体ニュース

インフォメーション



身近なニュースを
お寄せください

・新製品
・セミナー
・講演会情報など

お問い合わせはこちらまで
お願いします


医療機器の医療機器ネット

常勤・非常勤医師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ドクター・ネット

看護師/准看護師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ナース・ネット

By Next Communications