今週の読みどころ

新製品情報

記事一覧

セミナー・講演会等

記事一覧

新製品情報

コニカミノルタが「Aixplorer」を国内独占販売

2365号 - 2015年5月 28日


 コニカミノルタ(東京都千代田区)はこのほど、SuperSonic Imagine(スーパーソニック イマジン社、フランス)の超音波画像診断装置「Aixplorer(エクスプローラー)」を日本国内において独占的に販売開始した。

 同装置は2009年に発売されて以来、ハイエンドの超音波画像診断装置の世界市場において、生体組織の弾性(硬さ)測定では先進的な製品として、乳腺・肝臓領域を中心に高い評価を得ている。コニカミノルタが独占販売するモデルでは、システムのハードウェアが一新されるとともにアプリケーションも充実し、日本市場においては乳腺のみならず、幅広い診療科で診断に貢献できる。主な特長は次のとおり。

▽組織の弾性を定量的に測定=同装置搭載の独自技術「ShearWave Elastography」は、生体内を伝搬する剪断波(せんだんは)を用いて組織弾性の絶対値を計算し、数値とカラーマップ画像でリアルタイムに画面上に表示する。また測定の際、プローブで生体を圧迫する必要がないので、手法の習熟度に左右されず、再現性にも優れている。乳がん検診などで腫瘍の硬さを調べるのに利用できるほか、肝臓疾患の検査でも肝線維化の評価に用いられて疾患の早期診断が可能となり、患者の痛みを伴う穿刺による診断を減らせる可能性があるなど、幅広い分野での応用が期待できる。最新モデルは、従来モデルより時間分解能が高く、組織弾性のカラー画像の更新速度が速いため、疾患の見落としがなくなるほか、病変の細かい変化の確認が容易になるなど、さらに高精度になった診断能で患者のQOLに貢献する。

▽高速画像処理で滑らかな血流のカラー動画像を提供=高速画像処理技術「UltraFast Imaging」により、画像処理に時間が掛かる血流のカラー動画像表示においても、1秒あたりのフレーム数(コマ数)を多くすることができ、滑らかな動画像を提供する。「UltraFast Doppler」は、カラー動画像と同時に脈波を表示し、心臓血管疾患の評価や機能診断において活用が期待できる。また計測したデータを保存することで、検査終了後でもポストプロセス処理による計測が可能になり、医師に新しいワークフローを提供する。

▽多様な卓越した画像処理技術で画像のノイズを抑制=独自技術である「SuperCompound」は、空間コンパウンド法という画像処理によってノイズを低減させ、コントラスト分解能を改善する。これにより、例えば首の頚動脈の画像においては、血管内のノイズが消え、血管内壁の構造が鮮明に表示される。その他にも、フィルター処理によりノイズを抑えて画質を向上させる「SuperRes」、検査対象組織に適した音速に調整し設定することで画質を向上させる「TissueTuner」など、卓越した画像処理技術の搭載により、高画質な画像を提供する。


新製品情報一覧へ

会員専用サイトへ

ログイン

医療関係団体ニュース

インフォメーション



身近なニュースを
お寄せください

・新製品
・セミナー
・講演会情報など

お問い合わせはこちらまで
お願いします


医療機器の医療機器ネット

常勤・非常勤医師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ドクター・ネット

看護師/准看護師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ナース・ネット

By Next Communications