今週の読みどころ

新製品情報

記事一覧

セミナー・講演会等

記事一覧

新製品情報

[日本超音波医学会併設展出展製品]コニカミノルタジャパン…Aixplorer

2412号 - 2016年5月 26日


 コニカミノルタジャパン(東京都港区)は、組織弾性をカラーで「見える化」する超音波画像診断装置「Aixplorer(エクスプローラー)」等を出展する。同装置はSuperSonic Imagineの最上位機種で、このほどバージョンアップして新登場した。さらに高精細になった診断能で、疾患の早期診断に貢献する。 主な特長は次のとおり。

▽ShearWave Elastography:生体を圧迫することなく、組織の弾性を定量的に測定=生体内を伝搬する剪断波(シアウェーブ)を用いて生体組織の弾性を定量的に測定。数値(kPa,m/s)とカラーマップ画像でリアルタイムに画面に表示する。
 プローブで生体を圧迫することなく組織弾性を数値化できるため、検査の手技や習熟度に依存せず、再現性が高く安定した検査を可能にする。
 組織弾性の定量化機能は、リニアプローブ、コンベックスプローブ、体腔内プローブと、すべての種類のプローブに対応しているため、大きな臨床メリットを有している。臨床領域として、肝臓、乳腺、前立腺、女性器、骨格筋に活用でき、各組織の硬度を詳細に観察できる。

▽UltraFast Imaging:高速画像処理で滑らかな血流のカラー動画像を提供=シアウェーブをキャプチャーするための超音波をすべての振動子から同時に送受信し、取得したデータをソフトウェアでパラレル処理。これにより1秒間に最大2万枚の画像取得を可能にした。
 滑らかなカラー動画像上で、これまで見ることのできなかった複雑な血流をより詳細に観察することができる。また、複数点のSpectral Dopplerによる複合的な血流診断も可能になる。
 測定したデータを動画として保存することで、ポストプロセス処理による計測が可能になり、医師に新しいワークフローを提供する。
 SuperCompound/SuperRes/TissueTuner:ノイズを低減させ、高精細画像を表示=最大9つのビームアングルで送信された超音波をソフトウェアによってキャプチャーし、1つの画像に合成する「空間コンパウンド法」により、ノイズを減少させ、コントラスト分解能を改善するSuperCompoundを搭載。
 4段階のフィルター処理によりノイズを抑えて画質を向上させるSuperRes、検査対象の組織に合わせて音速を5段階に補正するTissueTunerなど、さまざまな卓越した画像処理技術の搭載により、高画質な画像を実現する。


新製品情報一覧へ

会員専用サイトへ

ログイン

医療関係団体ニュース

インフォメーション



身近なニュースを
お寄せください

・新製品
・セミナー
・講演会情報など

お問い合わせはこちらまで
お願いします


医療機器の医療機器ネット

常勤・非常勤医師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ドクター・ネット

看護師/准看護師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ナース・ネット

By Next Communications