今週の読みどころ

新製品情報

記事一覧

セミナー・講演会等

記事一覧

新製品情報

ヤマハ発動機がセルハンドラーを開発し初納入

2477号 - 2017年9月 28日


 ヤマハ発動機(静岡県磐田市)は新薬開発や抗がん剤の効果を検査する際など、薬効を評価する試験工程の一部を担う細胞(塊)のピッキング&イメージングシステム「CELL HANDLER(セルハンドラー)」を新たに開発し、第1号機を8月31日に福島県立医科大学へ納入した。同システムは、手動では困難であった速度と精度で目的の細胞(塊)を選択、高密度培養プレートへ、1つずつ移動するとともに撮像、画像情報を取得・データ化する。同社表面実装機(サーフェスマウンター)の超高速・高精度なピック&プレース技術を応用し、より微細で壊れやすい細胞(塊)に合わせて新開発した吸引吐出技術や撮像・画像処理技術を搭載している。あわせて専用のディスポーザルなチップと容器も独自に開発した。
 現在、iPS細胞をはじめ、創薬や再生医療など、細胞を活用したビジネスが活況を呈している。また、がんに罹患する人は年々増え続け、どの抗がん剤がどのようながん細胞に効果を発揮するのかを調べる「抗がん剤感受性検査」や「バイオマーカー試験」に莫大な時間とコスト、人員がかけられており、さらなる品質や作業効率の改善が求められている。同社では産業用ロボット技術のさらなる活用を視野に2010年からメディカル分野への検討に着手した。従来、表面実装機で扱ってきた電子部品に比べて不均一な形状で、柔らかく壊れやすい細胞(塊)に適した吸引吐出技術や画像処理技術の開発にチャレンジし、その過程において、カリフォルニア大学サンフランシスコ校や大阪国際がんセンターなどと共同研究を行ってきた。同システムの登場により、細胞(塊)を用いた試験の一部を自動化することで、薬効の高い治療薬の開発がより速く低コストで行えるようになり、ひいては医療費の抑制にも貢献する。


新製品情報一覧へ

会員専用サイトへ

ログイン

医療関係団体ニュース

インフォメーション



身近なニュースを
お寄せください

・新製品
・セミナー
・講演会情報など

お問い合わせはこちらまで
お願いします


医療機器の医療機器ネット

常勤・非常勤医師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ドクター・ネット

看護師/准看護師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ナース・ネット

By Next Communications