今週の読みどころ

新製品情報

記事一覧

セミナー・講演会等

記事一覧

特集

《2016国際医用画像総合展》GEヘルスケア・ジャパン…SIGNA Pioneer

2407号 - 2016年4月 14日


 GEヘルスケア・ジャパン(東京都日野市)は「Partners for Better Health」をテーマに出展。卓越した臨床、患者満足向上、検査効率の改善、戦略的成長、経営改善といった顧客が求める様々なアウトカムを実現する先進的な画像診断技術とソリューションを訴求する。

▽CT=「40th GECT Anniversary~40年の歴史が創り出すClinical Outcome~」をテーマに、Revolution FamilyのテクノロジーからなるClinical Outcomeや、国内稼働施設からの豊富な臨床画像と共に評価を届ける。
▽MR=日常の検査効率改善とその応用を提供するMAGiC、音のしないMRが実現する安全性とステント/コイル留置後の非侵襲的なフォローアップにSILENT SCAN & Zero TE MRA、未知の領域のクリニカルリサーチであるPET/MRの提案などを行う。
▽Molecular Imaging=「定量2.0」を中心に信頼性のある定量情報を加えることで正確な診断と適切な治療をサポートし、新たな医療価値と安心を提供する。
▽Healthcare IT=「インテリジェント」「ベンダー・ニュートラル」「コラボレーション」の3つをテーマに、読影の生産性や診療品質の向上を支援するソリューションを紹介する。
▽Intervention & Surgery=レーザーガイド自走式のDiscovery IGS 730を出展。より安全、最適なWorkflowをフリーレイル、フリースペース、フリーアクセスでストレスフリーな環境を実現する。また、インターベンションにおいて、より精度の高いサポートを実現し、高画質と低線量の最適なバランスを保つ「Assistシリーズ」を出展する。
▽Women’s Healthcare=乳癌検診において家族歴やデンスブレストを踏まえた個別化検診を提案。マンモグラフィでは、この個別化検診に対応するひとつのツールとして真のデジタル・ブレスト・トモシンセシスSenoClaireを紹介。また、デンスブレストの女性に向けた新たな検診のかたちとして、InveniaABUSを提案し検診の精度向上と女性の不安・負担軽減を実現する。
▽LIVER=肝疾患分野では、低侵襲で正確な診療をサポートする技術を紹介する。
▽Radiology=一般撮影装置では、低被ばくで整形等多様な分野で活用できるVolume RAD(トモシンセシス)、簡単短時間で撮影可能なデュアルエナジーサブトラクションやAoto Image Paste(長尺撮影)を紹介する。

◎SIGNA Pioneer
 同装置は、日本開発の3.0T MRIである。一回のスキャンで複数画像が得られる高性能の画像再構築技術MAGiCを搭載し、検査効率の向上に寄与するとともに、MR検査時に音を発生させない同社独自技術SILENT SCANを搭載するなど患者の負担軽減を図っている。また、設置面積が3.0Tとしては業界最小で、1.5T機器設置に必要となる面積とほぼ同等の30平方メートル以下としたほか、業界最少のシステム電源容量で77kVAを実現する(通常は100kVA以上、同社製品比)など、病院経営者の収益面での要望にも応えたものとなっている。


特集一覧へ

会員専用サイトへ

ログイン

医療関係団体ニュース

インフォメーション



身近なニュースを
お寄せください

・新製品
・セミナー
・講演会情報など

お問い合わせはこちらまで
お願いします


医療機器の医療機器ネット

常勤・非常勤医師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ドクター・ネット

看護師/准看護師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ナース・ネット

By Next Communications